風俗は技と技のぶつかり合い

清潔感、なかなかいいですね

清楚というか、清潔感のある風俗嬢だったんです。髪が黒いからってだけじゃないですね。もちろん髪の毛に関してもものすごく気を使っているんだろうなって言うのは伝わってきたんですけど、そこだけじゃないんです。彼女の素晴らしかったところは喋り方とか仕草とか、おっとりしているのもあってとっても上品に見えたんですよね。風俗嬢としては珍しいタイプなんじゃないかなって思ったんです。風俗嬢って上品さとは違ったベクトルの子が多いじゃないですか。でも彼女はどこかのお嬢様なんじゃないかってくらい、ちょっと独特の雰囲気を持っている女の子だったんですよね。そこに自分でも驚いたというのはあります。それに、やっぱりそこがいろいろと楽しい要因にもなったんですよね。どんな風俗嬢なのかということをこちらとしてもそれなりに考えるじゃないですか。彼女は個性としては捉えどころがないというか、上品だからこそ浮世離れしているなと感じる面もある風俗嬢でした。

待合室はとっても重要だと思う

あくまでも自分の見解なんですけど、待合室でどんな時間を過ごすのかは、かなり重要なことなんじゃないかなって思っているんですよ。風俗店の待合室の雰囲気が苦手って人も多いみたいですし、その気持ちも分からなくはないんです(笑)自分も風俗を覚えたての頃は、あの雰囲気が正直得意ではありませんでした。とにかくすぐに呼ばれたい。そんな気持ちはありましたし、待合室にあまりいたくないからこそ、予約もしていました。でも慣れてくると、待合室の時間もそれはそれで悪くはないなって。むしろ待合室は他に何もやることがないので、風俗嬢のプロフをじっくり見れるんですよ。写メ日記とかブログとか、普段だとそこまでじっくり見ないような部分も、他に何もやることがないので見れるじゃないですか。そうすると、いざ女の子とご対面した時、話題に事欠かないのでコミュニケーションもばっちり。そのおかげで風俗をより楽しむことが出来るって言う算段になるんですよ(笑)