12月になると年賀状の店頭販売をよく見かけるようになり、今年は早めに書かなければと焦っていものでした。
ただ最近は、仕事も一線から外れて人付き合いもめっきり減って、年賀状を出す相手も少なくなりました。

 

年賀状って不思議なものです。

 

年賀状なんて儀礼的なものであって、心がこもった便りなど少ないものと理屈ではわかっているのです。
でもお正月に自分宛の年賀状が輪ゴムに留められれて厚い束になっているのを見ると、やっぱり嬉しかった。

 

現在の若者がSNSでお正月の挨拶を済ませ、そのフォロワーの数の多さを競い合う。
それと同じ様な感覚なのでしょうか。

 

小さな子供の時に年賀状を出し始めて、やがて高校生、大学生になって年賀状の数が増えていきました。
そし自分の世界が広がっていくことを感じました。

 

明けましておめでとうの印刷の横に小さな文字で書かれた近況。
独身だった娘が名字が変わって誰かの奥さんになっていること。
そんなことをお正月に改めて知ったり、軽い驚きで1年が始まったものでした。

 

ですが多くの年賀状は印刷だけの味気ないものばかりでした。
それでも多くの年賀状をもらうことが自分の小さなプライドを満足させていた気もします。

 

そんな時代も過ぎ去って、今はめっきり年賀状の数も減りました。
ただ数は少なくなってしまったけれど、添え書きのある年賀状を見ることが楽しみになりました。
私も自分が出す年賀状全てになんらかしらの添え書きで近況を報告する様になりました。

 

皆がSNSで挨拶を済ます時代になっても、1年に1回だけの手書きの便り。
そんな年賀状を大切な人にはやっぱり出し続けようと思います。

ページの先頭へ戻る