和装の写真を映えさせる結婚報告年賀状を選ぶ!

結婚した年の年賀状というのは参列者の方にも向けてその結婚報告をテーマとした年賀状を送ると思います。これは絶対にやっておくべき礼儀のひとつですよね。

 

また結婚式に参加していない人にも年賀状を作る必要があるので、その辺も意識して年賀状に使う写真やデザインを考えないといけません。

 

これがまた結構面倒くさいんですよね、、、なんちゃって。

 

今回は和装写真を使っての年賀状を作りたい方へ向けた情報なんですが、結論から言うと鮮やかな和装写真を活かすデザインというのは無料ではちょっと見つからないと思います。

 

逆に言えば有料の年賀状印刷であればすごいいいところがあるのでちょっとそれを紹介したいと思いますね。

 

まずどこにも変えられないぐらいにダントツでおすすめなのがソルトウェディングというところです。

 

この後でちょっとデザインも紹介させてもらいますが、ここにあるデザインは20種類以内であれば基本料金が追加なしで何枚でも同じ料金で作ることができます。

 

だから和装写真で5枚作ったり、それにプラスアルファでドレスの写真を使ったものも作れますのでかなり融通がきくんですね。

 

和装写真もめちゃくちゃいい感じにオシャレに映える年賀状ができますのでここは絶対にチェックしておかないといけません。

 

 

黒を和柄背景が和装にベストマッチ!


このデザインがあるページへジャンプ

漆黒の背景と華やかで豪華な和柄が、上品な雰囲気を醸し出しています。漆黒と鮮やかな和柄のコントラストが、お互いの美しさを引き出していていいですね!漆黒の色調だけでも気品溢れるのですが、白文字が更に上品さを際立たせています。和装の写真をとても華やかに彩ってくれると思います!

 

いろんな形の写真枠&優しい色使いが和装に合うデザイン


このデザインがあるページへジャンプ

肌色と黄土色の落ち着いた2色が使われていて、和やかな気持ちになれますね!柔らかみをおびた四角や丸のイラストや写真が、ほんわかした優しい印象を与えてくれます。一方で文字がきりっとした枠の中に綴られていて、違ったテイストなので、読みやすいです。下の方に小さく描かれた赤い水引が可愛らしいですね!穏やかで心温まる結婚報告ができると思います!

 

 

 

 

余白の使い方がナイス!赤の和装がバッチリハマる結婚報告年賀状


このデザインがあるページへジャンプ

カラフルな黄色と青の和柄がオシャレですね!写真がコラージュ型で使えるところもまたオシャレで、小さい枠の中にいっぱい二人の思い出を飾ることができます。文字のサイズと配置が絶妙で、余白とのバランスがとれています。白地が多く、シンプルなデザインなので、赤の写真枠とラインがぱっと映えますね!

 

和装でもドレスでも合うデザイン


このデザインがあるページへジャンプ

それぞれ違ったテイストの和模様が使われていて、上品さと可憐さが入り混じったデザインです。シックな紺色の模様には内からなる上品な雰囲気を感じ、ピンクと水色の花柄は華やかで明るい印象を与えてくれます。黄土色の扇柄には優美な雰囲気を感じ、水彩のイラストからは可憐で優しい雰囲気を感じられます。どんなイメージの結婚写真でも素敵にしてくれると思います!

 

 

シンプルだけどデザイナーズ年賀だから特別なオシャレ感


このデザインがあるページへジャンプ

鮮やかで明るい水色がパッと目を引く1枚です。結婚の挨拶が毛筆体で、ところどころに和をイメージする模様が入っているので、和装での結婚報告にはうってつけのはがきですね!二人の結婚報告を晴れ晴れしく朗らかにしてくれるでしょう。

 

どうでしょうか、全部紹介することなんてとてもできないぐらいの量のデザインがありますので本の抜粋で紹介だけさせてもらいました。

 

他の年賀状印刷サイトとはチョット比べ物にならないぐらいのクオリティのものかと感じますよね。

 

大体1枚180円から200円ぐらいの範囲で作れるのですが、これってやっぱり普通のところと比べると若干高めにはなってきます。

 

ですがパチッと和装写真がお洒落に決まるデザインというのはここ以外にはそうそう簡単には見つからないので人生の記念という意味でも使ってみることをお勧めしますよ。

 

自己満足にもなりますし、これをもらった方も結婚披露宴の際の思い出が蘇って くること間違いなしです。

 

尚、このソルトウェディングを知ったのは年賀状特化サイトにおける年賀状 結婚報告のおすすめページだったんですね。やっぱり質的にはソルトウェディングが断トツなんですが、もう少し条件を緩めたりしてそれぞれにちょうどいい印刷業者も見つかるはずなのでいろいろさがして見るといいかと思います。

 

ページの先頭へ戻る